低刺激!オールインワンジェル!人気ランキング!

 

オールインワンゲルを塗る人

 

「オールインワンジェルに興味があるけど・・・アルコールで刺激があるといやだな」

 

というあなたへ、おすすめのノンアルコール&低刺激のオールインワンジェルをご紹介します。

 

  1. 保湿
  2. ニキビ
  3. しみ
  4. シワ・ハリ
  5. 毛穴

 

の上記5つのポイントに加えて、

 

低刺激どうか?返金保証があるかどうか?

 

を中心にランキング形式にしました。

 

 

メディプラスゲル

 

メディプラスゲル敏感肌

 

  • 返金保証:30日間全額返金保証
  • 内容量:180g※約60日
  • 定期購入:2,996円

 

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

 

販売本数600万本以上、モンドセレクション3年連続金賞のメディプラスゲル。

 

低価格&たった1本でガサガサから潤う毎日へ!

 

デメリットは?

 

オイリー肌の人は、少しベタつく&コッテリに感じるかもしれません。

 

【公式】→https://mediplus-orders.jp

 

ホワイトニングリフトケアジェル・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

妊娠中の時、 シミ増えた!というママさんには最適です。

 

デメリットは?

 

育児で多忙・・・・マッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
https://www.mebiusseiyaku.co.jp

 

 

オールインワンジェルや美容のQ&A

 

美容が気になる人

 

ノンアルコールのオールインワンジェルのメリット・デメリットとは?

 

最近人気になっているのがノンアルコールのオールインワンジェルです。

 

アルコールには揮発性があり、肌の熱や水分を奪うので、肌への刺激になり、乾燥の原因になるリスクがあります。
ノンアルコールのオールインワンジェルのメリットは、乾燥肌の人でも気軽に利用できるところです。

 

乾燥肌の人はバリア機能が低下していて、敏感肌やアルコール過敏症の場合、肌がヒリヒリしたり赤みが出てしまうことがあります。

 

ノンアルコールのオールインワンジェルなら、そうした心配がなく、アルコール成分が肌に合わない人でも安心して使うことができます。

 

 

ノンアルコールのオールインワンジェルのデメリットは、冬にはやや物足りなさを感じてしまうところです。

 

特に乾燥が気になる冬は保湿力が不足するので、保湿に特化した保湿剤を上から塗る必要があります。
アルコールには消毒作用があり、殺菌効果があるのでアクネ菌が原因となるニキビ肌に効果を発揮したり、化粧品の防腐効果の役割も担っています。
化粧品の品質のためにもアルコールは使われていて、化粧品の成分や色素、香料を溶かしやすくして安定な状態に保つ働きがあります。
ノンアルコールのオールインワンジェルを使用する場合、保管方法に気をつけないといけないのもデメリットの1つです。

 

 

化粧水の役割とは?なぜ使う必要があるの?

 

化粧水の役割は皮膚を保湿させて乾燥やひび割れを防ぐために使う化粧品です。水分をしっかりと補給させれば老化も抑制できて、
不快症状を回避できます。

 

女性の多くは化粧水をなぜ使うか、という理由ですが、やはりきれいな肌を保ちたい、トラブルを改善させたいという考えがあるからです。

 

化粧水に配合されている成分は水やエタノール、ブチレングリコールとペンチレングリコール、保存料や植物エキスが基本的です。そのような成分を利用しないと化粧水としての役割を果たしにくいと言えます。中には植物エキス100%の化粧品もありますが、実際は販売する化粧品会社によって変わります。

 

保湿以外にもニキビ予防・改善、クレーターの回復を促す、ニキビ跡をつくらないようにサポートする、美白など様々です。しかし、化粧水は保湿させることが基本ですから、付けて乾燥する製品は役割と機能を果たしていません。また、真冬の時に洗顔をした後、化粧水をつけて乾燥を防げる役割を持つアイテムなら、一年間通して、皮膚に対応できるでしょう。中には冬や秋に入ると、使った時に乾燥を防げないアイテムがあります。さっぱり系でも化粧水は保湿させなければいけないため、製品のタイプは関係ありません。

 

お肌のお悩みQ&A

 

敏感肌になる原因を解説します!

 

敏感肌になる原因はいくつかあります。まずはもともと肌が弱い、敏感であると言う原因です。幼いころから何かと肌トラブルが絶えなかったとか、炎症やアトピーが頻繁に出てきていたと言う人はこれに該当する可能性が考えられます。それから誤ったスキンケアです。たとえば汚れを落としたい一心で長い時間をかけてクレンジングや洗顔を行っている、あるいは浸透を良くするために化粧水を塗る際にはパッティングを行っていると言う場合、肌の必要な潤い、皮脂の量が低下してしまったりして、肌が乾燥、その結果、バリア機能が低下して敏感肌になってしまう恐れもあります。方法だけではなく、使っているスキンケアや化粧品が肌に合っていない場合も、敏感肌になってしまうことはあります。また生活リズムの乱れも敏感肌になる原因のひとつです。特に睡眠不足は大きな原因で、これは人間の肌のダメージは睡眠中に回復するためです。そのため睡眠不足だとダメージが回復されないまま肌に残ってしまい、その影響を受けてバリア機能が低下し、肌が敏感に傾いてしまうこともあると考えられます。更に女性の場合、加齢や生活リズムの乱れなどで女性ホルモンの分泌量やバランスが減少、変化していきます。女性ホルモンには肌のコンディションを整える作用があるものもあるので、これも原因のひとつになり得ます。

 

 

乳液の役割を徹底解説します!

 

今まで何気なく使っている乳液の正しい役割をあなたは、ご存知でしょうか?特に保湿力の高い化粧水を使っているのに時間が経つにつれて肌がカサカサになってしまうことはありませんか。実は、化粧水の後に乳液をつけるのにはちゃんとした理由があります。

 

乳液には、油分でフタをすることで潤いを外に逃がさないようにして、美容液などで補った肌の栄養分を肌の奥まできちんと届かせ化粧水を使って潤わせて肌の水分をバリアする役割があります。そして、乳液は肌に長時間留まることによって、角質が強化されることで肌荒れしにくくなる効果も期待できます。肌の角質を柔らかくしてくれる成分も入っていますので、肌のくすみが気になっている人、肌のキメを整えたい人にも効果的な役割を果たします。そして、より効果的に使うためにも化粧水がしっかりとにじんだ後に乳液を10円玉くらいの大きさを目安の量を出し、両手で温めて顔の中心から外側に向けて伸ばすように使うのが効果的です。そして、塗りすぎるのも良くないのでベタつきやすい部分は少なめに、保湿をしっかりとしたい場所には、たっぷりと塗りましょう。

 

このように人の肌質によって乳液の使い方が少し変わってきます。自分の肌質をしっかりと知り、保湿を行うことで綺麗な肌に整えて乾燥対策に備えると良いです。